夜中の2時間より朝の30分で勉強しよう

睡眠時間を減らして勉強をするよりキチンと寝て早朝に勉強をした方が効果があります。

その理由を今から解説していきます。

まず、深夜の勉強法はその日の疲労によって集中力が途切れています。その結果、頭がぼーとした状態や音楽やラジオ、動画を見持ってのながら勉強になっています。

勉強しないより勉強している方がいいですが、やるときは短期間でも集中した方がだらだらするよりも意外と勉強量が多いです。

また、深夜の勉強により、睡眠時間が減ります。記憶は睡眠中に定着するため、睡眠時間が減る分、それだけ暗記量が減りますし、当日の授業中も眠くなって、集中できなくなります。本末転倒です。

深夜に勉強をすることによって自己満足は得ることができますが、効率を考えるとお勧めできません。

なぜ早朝の勉強を勧めるのか?

まず、起きたとき、睡眠によって頭の中が整理されていて、無駄な雑念が出ません。その分、勉強に集中できます。
これは、睡眠によって、情報の取捨選択が行われているからです。その結果、フレッシュになっています。

早朝ということで、時間制限があるからです。30分以内でないと学校に遅れてしまうから、必然と集中します。

頭がフラットな状態で集中力が高まるので、夜中に勉強するのと比べて、数倍あるいは数十倍は質が違います。

さらに早朝から能動的な活動をすることによって、良い生活リズムがつき、朝、昼を精力的に活動できるようになります。

では夜型から朝型にするにはどうすればいいのか?

今まで夜型だった人が早朝に目覚まし時計を使って起きても、あたまがボーとしています。やはり、すぐには朝型にはなれません。
そこで解決策としては、目覚めたら、すぐに太陽の光にあたることです。

太陽の光によって、脳をきちんと目覚めさせることができます。あるいは起きてすぐ軽い運動をするのも効果的です。
運動することによって、睡眠モードから起動モードへ移行できます。

夜はすぐに寝ることです。最低6時間は寝ていないと、次の日はきちんと頭が働かないです。
夜中にやるのではなく、夕方に勉強をしましょう。もし夕方にできないのならば、夜勉強しましょう。19時から21時の2時間が重要です。

22時前には勉強を終わらせて、寝ましょう。

まとめ

早朝に勉強をして、真夜中には勉強をするな。
太陽の光や軽い運動をして、夜型から朝型へ変更しよう。
夕方と夜にも勉強をしよう。最低6時間は寝ること。

23時には寝ること。

子供の歯磨きサプリでお勧めなのがむしばいばいの口コミです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です