勉強の質と量のコツ

量より質は特に勉強で言われています。

勉強以外にも、たとえば、スポーツ、仕事、遊びなどあらゆることにも通じます。

いくら時間を掛けても質がダメなら成果は出ません。だらだらと勉強しても時間の無駄です。それならば、まだその時間をゲームやテレビを見た方が、マシです。ストレス発散できるので、その方が有益です。

ではどうすれば勉強を短期集中でできるのか?

今回はキッチンタイマーとストップウォッチを使った2つのポイントをお教えします。

キッチンタイマー

キッチンタイマーを使って、時間を指定して、締め切り効果を使う。
たとえば、10分でこの問題を終わらせることを目的としたなら、キッチンタイマーで実際に10分と設定する。そして、10分になったら、音が鳴りその問題を解くことをやめる。音が鳴ることにより、時計を見て10分を計るより、本格的にペース配分を意識できる。なので、試験会場での時間配分の訓練にもなる。

キッチンタイマーはダイソなどの100均に置いてあるので、すぐに買うことです。
この方法を使えば質を重視できます。

さらに量を重視する方法もお教えします。質を濃く出来たのならあとは量だけです。

ストップウォッチ

ストップウォッチで計るのは一日何時間勉強をしたのか。つまり、勉強時間の合計です。
この方法は至って簡単です。勉強する度にストップウォッチで時間を計れば良いからです。
キッチンタイマーを使うときにストップウォッチも必ず使うようにしてください。
それ表示された時間が今日の勉強時間の合計になります。
やってみるとわかると思うのですが、意外と勉強できていないです。
10時間やったつもりでも実際は5時間だったりといったことがあります。
それをいかに自分が目標とする時間に近づけるかがこのストップウォッチあるいは時間の使いどころになります。

キッチンタイマーで質を向上させ、ストップウォッチは量を増やす。
この2つの方法を使って勉強してみてください。そうすれば、集中力も上がり、成績も上がります。

注意点

まずはキッチンタイマーのみを使って、集中力を上げてください。その後、少しずつストップウォッチを使って、寮を増やすようにしてください。急にやってもおそらくはきつくてできません。体を慣らすことから始めて下さい。

まとめ

キッチンタイマーで質を上げる。ストップウォッチでは勉強時間を増やす。
この両輪で勉強をすれば、おのずと成績が上がる。
※ただし、急にはできないので、まずはキッチンタイマーで勉強の質を上げる

追記
高校受験では3ステップラーニングという教材がお勧めです。
3ステップラーニングの口コミサイトを参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です